***********************************************************

手作りシリーズ
三味線の出来るまで
 

***********************************************************

出来上がってきた棹と胴を、胴仕込は名人三絃師・鈴木芳治師に仕込んで頂き、福林・上駒・東サワリ・糸巻は、名人三絃師 吉沢誠師に仕込んで頂き



仕込柄と言うところまで出来上がりです。



民謡三味線では、仕入れてから4年間以上枯らした奈良・橋本さん製造の四ッ皮を上手な職人さんに張って頂きます。4年間以上皮を枯らすことによって鳴り・音色が断然良くなります。



津軽三味線では、仕入れてから4年間以上枯らした犬皮厚皮を上手な職人さんに張って頂きます。4年間以上皮を枯らすことによって鳴り・音色が断然良くなります。



オリジナル製埋め込み式上駒を取り付けることにより、天神廻りの鳴り・音色が良くなります。




左側が一般的なサワリ 右側がオリジナル製東サワリ
オリジナル式東サワリを使用することによって自在な角度で取り付けることが出来る為に、サワリのつきが断然良くなります。



東サワリのふたを開けて、無理やりネジで留めていないか、内側が汚れていないかを確認して



東サワリネジの汚れを落として硬さを調整いたします。



旋盤で仕込まれた糸巻のゴツゴツした糸巻の表面を丁寧に仕上げて、細い線で同じ光沢で糸巻が福林に当たるようになるまで、調査を続けます。

旋盤で仕込まれた、表面がゴツゴツした状態



糸を張り東サワリ調整して、太陽楽器手作りシリーズの三味線のできあがりです。



オリジナルシリーズは、棹材料(荒木)胴材料(胴材)を選んでから、民謡三味線は名人三絃師・花木正治師の棹をモデルにして、民謡胴は名人胴師・津布久清一郎師の胴をモデルにして、津軽胴は、横田重一師の胴をモデルにして、創業120年のトップメーカーさんに太陽楽器オリジナルとして製作をお願いいたしております。

東サワリ・糸巻調整は、手作りシリーズと同様に入念に致して居ります。

三味線及び撥のできるまでTOP


太陽楽器株式会社