東サワリ調整
写真をクリックすると拡大表示します。
東サワリの調整は、涌井貞夫師が下記の手順で入念に調整致して居ります。

東サワリの裏ブタを空けて、キチンと掘り込みが出来ているか確認を致します。

次に中駒が、丁寧に仕上げられているかを確認いたします。
 → 
次にネジ汚れを落とします。

そしてネジの硬さを調整致します。

糸を掛けてサワリのつき具合を確かめて
よいサワリがつくまで調整してやっと完成です。


エレキ三味線の開発でお世話に成っている 澤田勝信先生・澤田一成先生 親子が始めてご来社下さった時に他店でお求めになった三味線のサワリのつきが悪いと伺いました。

涌井貞夫師は、通常他店で販売された三味線には、一切手を触れませんが今後お世話に成ることも御座いまして涌井貞夫師が調製をさせて頂きましたところ、サワリの調子に大変驚かれまして、『今迄にこんなに良くつくサワリに出会ったことが無かった』とおっしゃって頂きました。



太陽楽器株式会社  お問合せ 0120-12-9171